長崎県有家手延素麺協同組合
メニュー1 手延素麺のご紹介 メニュー2 特殊面いろいろ メニュー3 商品のご紹介 メニュー4 製造者のご紹介 メニュー5 組合の概要・沿革
 
  麺へのごだわり
  有家手延素麺の特長
  製造工程
  おいしい食べ方
  特許

 
製造工程
有家手延素麺の製造工程です。真心込めて一本一本丁寧に。
麺作りに対するこだわりなどもご紹介します。
 
1
仕込み・捏ね
写真1 仕込み・捏ね   原材料の小麦粉、塩、水を混ぜる。
季節によって塩水の濃度を変える。
加水量は手で硬さをみて微調整します。

2
楽 延(らくえん)
写真2 楽 延(らくえん)   足踏みの役目を果たします。

3
圧 延(板切)、油返し
写真3 楽 延(らくえん)   帯板状に延ばし、さらに2枚重ねて延ばし、油をつけて棒状に延ばします。
写真5 楽 延(らくえん)拡大    
厚さ5cm→3cm→1.5cmと3段階に延ばします。

4
巻きとり
写真4 巻きとり(より2回)   よりをかけながら細く延ばしていく。
写真6 巻きとり前   写真6 1回巻きとり後    
巻きとり前 1回巻きとり後  

5
掛 巻(かけば)
写真5 掛 巻(かけば)   よりをかけながら2本の棒に八の字にかけていく。
写真7 一晩乾燥    

6
熟 成
写真6 熟 成   2、3時間熟成します。

7
小引き・大引き
写真6 小引き・大引き   休ませながら(熟成)少しずつ延ばしていく。

8
乾 燥
写真8 乾 燥   最も難しく商品の決め手となる乾燥工程。
乾燥の仕方で麺の色合いが決まる。
写真8 一晩乾燥    
一晩乾燥

9
裁 断
写真9 裁 断
写真9 裁 断
  乾燥させた麺線を19cmにカットする。
太いものや曲がったもの、折れたものは一本一本ピンセットで取り除く。
写真9 裁 断    

10
結 束
写真10 結 束   束ねられた素麺は金属探知機を通し、手作業で最終確認をした後組合に運ばれる
写真8 一晩乾燥    
金属探知機

11
包装・保管
写真10 包装・保管   各組合員から運ばれてきた商品を点検、包装し保管する。
 
| トップページお問い合せ サイトマップ お役立リンク
長崎県有家手延素麺協同組合 〒859-2202 長崎県南島原市有家町山川391-3 TEL 0957-82-0647
Copyright (C) 2006 Ngasaki Arietenobesoumen cooperative. All Rights Reserved. E-Mail arite931@triton.ocn.ne.jp