長崎県有家手延素麺協同組合
メニュー1 手延素麺のご紹介 メニュー2 特殊面いろいろ メニュー3 商品のご紹介 メニュー4 製造者のご紹介 メニュー5 組合の概要・沿革
 
  組合の概要
  組合の沿革
  施設の概要

 
写真1 手延素麺協同組合外観
 
写真2 手延素麺協同組合外観
昭和54年4月10日 撮影 当時の施設です。    平成19年12月10日 撮影 現在の施設です。
写真3 手延素麺協同組合 新倉庫
 
写真4 手延素麺協同組合 新駐車場
平成26年4月26日 撮影 新倉庫です。    平成26年4月26日 撮影 新駐車場です。

組合の概要
名 称   長崎県有家手延素麺協同組合
所 在 地   長崎県南島原市有家町山川391の3
設立年月日   昭和47年4月7日
組合員数   37名
出 資 金   3,959万円(出資1口の金額 1,000円)
役 員   10名(理事7名、監事3名)
職 員   6名(男子2名、女子4名)


組合の沿革
 当地域における手延べ素麺の創業は古く、島原の乱後、各地域により移住してきた人方の手ほどきを受け継ぎ、幾多の変転の沿革をたどりながら逐次製造が普及され、業者数も増えて、今では、生産高において全国の1・2位を争うようになっており、当地区における経済的地位は、上位にランクされて下ります。
 組合設立以前においては、生産業者自身が個々に原料の仕入れや、製粉、製麺、販売等も行っていたが、あまりにも不合理な面が多く、こうしたことから組合設立の動きが高まり、当時7人の生産者によって(昭和47年)資本金700千円で協同組合を設立し、生産者個人の倉庫の一画を借りて事務所を置き、仕入れ・販売等に全力を傾注してきました。その後組合員も次々増員され、昭和53年に、長崎中小企業団体中央会の指導・援助をいただいて現地へ事務所並びに倉庫の新築移転を行い、組合の目的に添って購買・生産・販売と商品の質的向上に努め、組合員の融和団結のもと充実した運営をはかり、昭和59年7月、中央会よりモデル組合として指定をけるまでに発展してまいり、
▲TOPへ


施設の概要
 
施設名 構造等 数量
建物
・倉庫 1階
・事務所 1階
・倉庫 2階
・倉庫建物
・倉庫作業所
・包材倉庫
・粉倉庫
・粉倉庫 2階
・駐車場
鉄骨造2階建
160.77平方メートル
39.27平方メートル
136.24平方メートル
275.49平方メートル
678.98平方メートル
75.847平方メートル
468平方メートル
208平方メートル
633平方メートル
1棟

島原半島全体地図

周辺地図

▲TOPへ
 
| トップページお問い合せ サイトマップ お役立リンク
長崎県有家手延素麺協同組合 〒859-2202 長崎県南島原市有家町山川391-3 TEL 0957-82-0647
Copyright (C) 2006 Ngasaki Arietenobesoumen cooperative. All Rights Reserved. E-Mail arite931@triton.ocn.ne.jp